矯正・審美歯科

TOP > 矯正・審美歯科

歯のコンプレックスを解消する矯正歯科・審美歯科

歯並びが気になって、うまく笑えない・・・・・・。
そんな歯と口元のコンプレックスを解消するのが、矯正歯科です。
当院では、取り外しできる装置での治療も

可能です。
思いっきり笑える。あなたのライフスタイルを変える第一歩です。

また、矯正治療は、見栄えを良くするだけの治療ではありません。
歯を長持ちさせる事が、本来の目的です。特に、あごの大きさに対して歯が大きく、歯と歯が重なり合い、押し合い狭い所に入り組んだ感じで生えている場合は、矯正治療をお勧めします。

そのままだとむし歯になりやすいですし、むし歯を治療しても再発しやすいので、歯の寿命が縮まります。
噛みあっている歯が少ない場合は、その歯に負担がかかり長持ちしません。歯がでこぼこ入り組んで重なり合っている所は、歯を支える歯槽骨も薄く、少なくなっていて、歯周病にかかりやすい、進行しやすい事が多いです。歯周病が重症化すると、抜歯になります。

ページの先頭へ戻る

取り外し式矯正(pooシステム)

大人から子供までできる、取り外し式の・歯を抜かない矯正器具です。

pooシステムの長所

  • 1.歯を基本的に抜かない
  • 2.今までの生活に合わせて矯正ができる
  • 3.金属のブラケットとは違い、取り外し可能な矯正のため、むし歯になりにくい

ページの先頭へ戻る

ワイヤー矯正(TIP-EDGEテクニック)

歯の近遠心移動が短期間で達成され、仕上げにフルサイズの角ワイヤーを用いる事によって、より精密な仕上げが達成できる矯正法です。

TIP-EDGEのメリット

  • 1.従来のワイヤー矯正に比べ、患者様にかける負担が少ない
  • 2.治療期間を大幅に短縮!(3年前後必要だったワイヤー矯正を 20カ月に!”)
  • 3.通院期間を4週間?6週間に!(1カ月に1度程度の通院でOK!)

ページの先頭へ戻る

パラジウムフリー(メタルフリー)治療

「ザ!世界仰天ニュース」という番組で歯科用金属が原因で遅延型の金属アレルギーにより脱毛が生じてしまうというニュースが取り上げられていました。

当院ではここまで症状が現れた患者様はいらっしゃいませんが病院で金属アレルギーと診断を受け口腔内の金属を外し、メタルフリーにされた患者様もいらっしゃいます。

日本人の口腔内に多く使用されている保険の銀歯(12%金銀パラジウムという金属ですが)、実は世界の中で日本でしか使用されていません。

この金属に含まれる成分

12%
パラジウム 20%
50%
16%
その他 2%
(亜鉛、インジウム、インジウム等)
銀合金

上記成分表は一例ですが、保険治療で使用している銀歯は、いわゆる銀合金です。 銀は腐食しやすい金属なので銀の耐蝕性を補うために金を混ぜ、もろさを補うためにパラジウムを混ぜてあります。しかしパラジウムという金属はリンパ球幼若化テストという金属アレルギー検査では約半数の人に陽性反応が出ます。ドイツやスウェーデンでは保健省が歯科業界に対して「幼児及び妊婦に銅を含有するパラジウム合金と水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行いました。ドイツなどの先進国ではパラジウムが体に与える悪影響を考慮してパラジウムフリー(パラジウムを含まない、パラジウム0%)の金属を使うことを強く推奨しています。
対策として、当院では治療に際し、プラズマレーザーで殺菌と同時に歯質強化をして、さらに高濃度タンパク分解型除菌水(ポイックウォーター1000ppm)で除菌してむし歯菌の混入を失くしてからダイレクトボンディング(固い樹脂)やオールセラミックでのメタルフリー治療を行います。 細菌や顕微鏡レベルでの永久的な完全な封鎖はあり得ないのですが、ホームケアと食事を気を付ければむし歯の再発を防止できます。

ページの先頭へ戻る

より素敵な笑顔のための安全な審美歯科

口元は笑顔の印象を決める大切な部分です。歯の見た目で気になるところがあれば、審美歯科で整えてあげましょう。審美歯科を受けることで歯のコンプレックスを解消し、もっときれいな笑顔を手に入れることができます。

セラミックの白い詰め物

口のなかにある銀の詰め物は、たとえ小さくても気になるもの。「笑ったときに見えるのがちょっと……」と気にされる方も多くいらっしゃいます。そこで活躍するのが、セラミックで作られた白い詰め物です。銀の詰め物を白い詰め物に替えることで、とても自然な口元になります。またセラミックは耐磨耗性に優れていて変色することもない、機能性に優れた素材です。美しい見た目はもちろん、快適な使い心地もお約束します。

セラミックの白い被せ物

気になる銀歯は、セラミックで作られた白い被せ物に交換しましょう。セラミックなら天然歯の色味に合わせて白さを調節できるため、「セラミックの歯だけ白くて浮いている」といったおそれもありません。ナチュラルな白さで美しい口元を演出してくれます。
※ホワイトニング後にセラミックの冠を作りました。

ラミネートベニア

歯の表面を少しだけ削り、その上からラミネートベニア(薄いセラミックの板)をはり付けて歯の審美性を向上させる治療です。歯を削る量を少なく抑えながらも歯の色と形を改善できます。主に前歯に適した治療で、前歯の欠けや形、色が気になるという方におすすめです。

ファイバーコア

重度のむし歯などで歯の大部分を失った場合、「コア(補強する土台)」を埋入してその上から被せ物を取り付けます。コアには「銀合金メタルコア」が多く使われていますが、「セラミックの被せ物を使っていてもメタルコアの金属色が透ける」「歯ぐきが黒ずんで見える」「さびて真っ黒になる」「金属アレルギー」といったデメリットがあります。。一方、ワンランク上の「ファイバーコア」は色も白いので金属色が透けることも歯ぐきが黒ずんで見えることもなく、歯根破折しにくいというのがメリットです。それからもう一つ、ゴールドコアは金合金を使った物で、適合性がよく強度もあり、さびにくいため、歯茎の下のほうまでむし歯が進んだ症例にはぴったりです。

歯ぐきが黒ずんでお悩みの方には、メラニン除去

歯ぐきの黒ずみ(メラニン色素)を除去するケミカルピーリングで歯ぐきを本来の色へ戻していきます。

ページの先頭へ戻る