インプラント

TOP > インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療とは、抜けてしまった歯がある場合に用いる歯科治療です。歯が抜け落ちた部位に人工歯根を埋入し、その上から人工歯を被せることで噛む力を回復します。埋入した人工歯根は顎の骨としっかり結合するため、噛む力は天然歯と同等です。硬いものでもしっかりと噛みしめることができます。

優れた審美性

人工歯は料金によって選ぶことができ、入れ歯に比べると審美性にとても優れています。天然歯に合わせて色を調整できるので、インプラントだけが浮いて見えることもありません。
セラミックの歯を使用すれば、色・強度ともにより審美性の優れた歯を手に入れる事が出来ます。

優れた審美性と機能性を両立しているのが、インプラント治療なのです。

あい歯科ではインプラント治療をおすすめしています
当院では、他の歯にダメージを与えることなく噛む力を回復できるインプラント治療をおすすめしています。入れ歯が使いにくい……とお悩みの患者様にもおすすめです。
あい歯科ではインプラント治療をおすすめしています
1) 抜けた歯の周囲の歯が傾いてきます
 (噛みあわせがずれると、全身に影響します。)
2) かみ合わせを失った反対側の歯が浮いて伸びてきます
  (歯並びがずれ、歯の寿命が短くなります)
3) 食べ物がつまりやすくなります
  (むし歯、歯周病の原因です)
4) かむ力が低下します
  (奥歯1本なくなるだけでも、50%低下します)
5) あごの骨がやせ細ってなくなってしまいます
  (長期間そのままにしておくと、インプラントが難しくなります)


1本の歯でも失ったまま放っておくと、周りの歯までだめになってしまうのです。

ページの先頭へ戻る